実家の断捨離を決行して、粗大ごみを処分

数年前に父が他界した後、実家では高齢の母が一人で暮らしていました。母はもともと整理整頓が苦手で、父がうるさく言っていたので渋々片づける、という感じだったのですが、一人暮らしになってからは、家全体が散らかっていく一方でした。私や妹が、ゴミ屋敷とはいかないまでも、汚部屋は間違いないよね、と言っていた時に、母が外出先で倒れ、病院に搬送されたのです。
幸い、ひと月ほどで退院できる見通しとなりましたが、退院後はヘルパーさんに来てもらうことにもなるし、こんなに散らかっている家では呆れられてしまうと考え、私と妹の2人で実家の断捨離に乗り出しました。
本人が入院中にあまり勝手なことはできないので、捨てる物は最低限に留め、とにかく整理整頓をすることにしました。それでも片付けが進につれて、破れた古い布団や、壊れている石油ファンヒーターなど、捨てるべきものが次々と見つかりました。
結局は、粗大ごみの処分も兼ねて、近所の業者に依頼して、ゴミを引取ってもらいました。予想外の出費とはなりましたが、少しだけでも家が綺麗になってホッとしました。