引越しの手伝いでゴミ屋敷状態を体験、整理整頓の重要性を再認識

親戚の引越しを手伝ったときの体験談です。年齢を重ねた夫婦の引越しというものはそれはそれは荷物の多いもので、長年溜め込んだいるものいらないものが大量に出てきました。ゴミ屋敷といっても過言はないでしょう。贈り物でもらった新品のタオルや食器、これはリサイクルショップに持ち込みましたが、古いものもあったためにすべてを買い取ってもらえるわけではありませんでした。食器のセットは重いですし持ち込むのも大変でした。古い家電や昔のゲーム機なども持ち込みましたが、ほとんど値はつかずでした。大型の家具が一番困りました、自治体で大型のゴミを捨てることが出来る日が設けてあるのですが、その日に持ち込むのに量が多すぎてどうしようという話になり、知り合いに軽トラを借りることに。それに一杯乗せても乗り切らないほどの家具家電。あの家にどうやってこれが詰まっていたのかと思うほどでした。日ごろから整理整頓をしていればこんなことにはならないだろうなと思いました。