靴が散乱している玄関を整理整頓

実家の玄関は靴が大量にでています。いったい何人で暮らしているのかというほどの量の靴です。脚の踏み場もないくらいに靴が占領してしまっています。あるとき仕事関係の人が自宅にまでやってきたのですが、玄関に出ている靴を見て「何人家族なのですか」といわれてしまったそうです。あまりにも靴が多くて汚れているので、自宅に人を招くことができません。
そこで、実家の玄関の掃除を手伝うことにしました。
玄関には備え付けの大きな靴箱があるのですが、この靴箱の中は靴がぎゅうぎゅうに詰まっています。しかし、履いていないものばかりです。どこかに必要な靴をしまわなければならないので、履いていない数年前に購入した靴は捨てることにしました。整理整頓してみるとカビが生えているものもあって驚きました。
不要な靴を捨ててできたスペースに玄関に出ていた靴を入れていきます。だいぶ多くの靴を捨てたので玄関に出ていた靴をすべてしまうことができました。人に見せても恥ずかしくないほどの玄関になりました。